相席居酒屋には席替えシステムも!気の合う人を優先することも大切!

相席居酒屋は席替えシステムを導入していることが多くなっています。

相席居酒屋は事前にどんな人と相席するかわからず、当たり外れが存在するのが基本になります。

しかし、お店側も好みなど把握できないため、相席しても相性が悪いことは多々あります。

しかし、席替えをすれば別な男女の組み合わせになるため好みの相手がいないときに簡単に切り替えることができます。

相席居酒屋を梯子する手間などもかからないため、速いペースで席替えをする人も多いのです。

異性と会話をする機会が少ない場合、どうしても話題を掴むのが難しくなる場合があります。

男女の流行の差や、情報収集の場としても使いやすくなるため、自分と相性がいい人と話すだけでなく次の出会いにつなげるための勉強と割り切るのも方法です。

席替えをすれば違う男女の組み合わせで話しをすることができる

席替えシステムがある相席居酒屋の場合、店員に席替えをお願いすれば席替えをしてもらえます。

お互い気が乗らないのに会話を重ねても時間もお金も無駄になります。

女性の場合はお金がかからないのが基本ですが、それでも話しをするなら盛り上がりたいものです。

男女どちら側からも席替えの希望を出せるのはポイントで、気が合わない籍についてしまった場合は早めに席替えを申し込んでしまうのも方法なのです。

お手洗いといってテーブルをたって、店員にこっそり席替えを依頼するなど依頼方法はたくさんあります。

席替えしたからといって必ずマイナス印象が残るわけではないため、積極的に利用したいシステムになっています。

席替えをしたくてもある程度待つ必要がある場合も

相席しても、すぐに相手が会わないと感じる場合もあります。

容姿の好みは人それぞれであるだけでなく、少し話しをしただけでも合わないと思ってしまうことはあるからです。

しかし、席替えシステムを導入しているお店でも最低○十分は席替えができないなどの制限があるのです。

着席してすぐに席替えをすると相席した側のプライドを傷つける場合があります。

合わないと思ったら早めに店員に席替えを依頼しておき、場をつなぐことを考えた方が良いのです。

じっくり口説きたいか口説かれたいかが重要になる

席替えシステムがある相席居酒屋は、席替えをしなければ会計を頼むまで一緒に飲食をすることになります。

席替えがなければ相手が不満を抱いていないという解釈もできるため、じっくり口説きたいのであればその流れに乗るのも方法です。

また、緊張がほぐれてから魅力がでてくる男女は珍しくなく、会話が盛り上がると一気に印象が変わる場合もあります。

口説かれたい場合は相手の実力を引き出せるように話題をあわせたり、時間をかけて自分の魅力をアピールするのも方法なのです。

相性が悪い場合は会話を合わせること自体も困難になるため、続くのであれば様子を見るというのも選択肢になってきます。

お店の梯子や席替えのタイミングは最大限活用する

席替えのタイミングは非常に重要です。

これは相席居酒屋を梯子する場合や、別なお店に行く場合も同じことが言えます。

テーブルを替えるときは連絡先交換のチャンスになるため、次もまた飲みたいという意味で連絡先を交換しやすくなるのです。

気まずい空気を作ってしまうとまたお店に来ることが難しくなるため、念のため話題だけふる人もいます。

席替えとは別に時間や予算の制限でお店をでなければいけない人もいます。

この場合も連絡先を交換しなければ次のチャンスには結びつかなくなります。

意図的に席替えやかえる仕草を見せて相手の反応をうかがい、無反応であれば別なところに行くといった駆け引きにも使えるのです。

関連記事